坐骨神経痛 椎間板ヘルニア しびれ | 整体 大阪 実績No1 千林カイロプラクティック院

坐骨神経痛 椎間板ヘルニア しびれ

 

腰痛の85%は原因不明?

 

突然ですが、あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

長年の腰痛に耐え切れなくなり、整形外科に行ってレントゲンやMRIなど撮った後、「椎間板ヘルニア」あるいは「坐骨神経痛」と診断される。その後、医者の勧めるままに、電気治療やブロック注射を受けに通院して、もらったクスリを飲んでもなかなか痛みやしびれが消えない・・・。

 

日本全国の腰痛患者は推定2800万人。

特に多いのは中高年で40~60歳の約4割が

腰痛に悩んでいると言われています。

 

腰痛に悩む人は多いけど、再発しやすくて

なかなか治らないのが実情です。

 

腰痛の原因が、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛ではないのに、

そう診断されている人は実に多いそうです。

それはなぜか・・・

 

腰痛の原因が医学的な観点でもはっきりと解明されていないからです。

 

神経系の問題か?

筋肉の問題か?

心因性の腰痛か?

 

レントゲンで原因が特定できればいいですが

そうではありません。

 

確かに実際に来院された方の多くは

腰痛の原因は別のところにあります。

 

腰ではない他の部分を調整した後、

腰痛、しびれがウソのように簡単によくなった方も

たくさんいらっしゃいます。

 

他の病院ではいつまでたっても治らなかった腰痛が、

「カイロプラクティックを受けたら、あっという間に痛みやしびれが軽減してきた」というお声をたくさんいただいています。

 

こんな評判が口コミで広がって、

大阪はもちろん、近畿圏から腰痛、しびれに悩む人が次々訪れ、

予約も空いていない日がでてきました。

 

千林カイロプラクティック院で施術に取り入れているのは、

「マッケンジーテクニック」という施術です。

 

 

椎間板 専門

 

 

椎間板の施術のために、特別なベッドを使用します。

 

 

なぜこのマッケンジーテクニックというもので改善できるのか

この特別なベッドで椎間板を屈伸運動を行い、

本来の姿に回復させていきます。

 

若い世代も含めて、「椎間板ヘルニア」が治らないという

たくさんの人が訪れます。

 

椎間板ヘルニアの手術をしても

腰痛が治まらないのはどういうことかというと

「ヘルニアはあっても、そこから痛みが出ているわけではない」というわけです。

 

腰の背骨と背骨の間には、

クッションの働きをするゴム板のような椎間板という

軟らかい組織が連なっています。

 

これがあるおかげで

硬い骨同士は互いに傷つかず

前後左右にスムーズに動きます。

 

椎間板ヘルニアと診断される時、

「押しつぶされて変形した椎間板が外へ飛び出し、背中の神経を刺激しているから腰が痛いんです」と画像を見せられ、説明されるのが一般的です。

 

ところが、(レントゲンやMRIなどの)画像検査によって

椎間板の異常が見つかった人のうち、

本当に椎間板ヘルニアが原因の腰痛はわずかで

そのほかは「椎間板ヘルニアだから腰が痛い」のではないのです。

 

 

腰痛治療の落とし穴は「画像信仰」?

20世紀半ばに椎間板ヘルニアが発見されて以来、

半世紀にわたって世界中で椎間板ヘルニアの研究がなされ、

椎間板こそが腰痛の原因だと誰もが信じてきました。

 

医学の教科書、多くの腰痛本にそう書かれています。

 

この定説にさらに拍車をかけたのが

1990年代に普及したMRI(核磁気共鳴撮像法)です。

 

「椎間板の変形」がみごとに撮影できたため、

これが腰痛の原因だと〝画像信仰〟を加速させました。

 

 

ここに腰痛治療の落とし穴があったのです。

21世紀になると、

ようやく腰痛の常識が変わり始めました。

 

目に見える画像だけに注目して腰痛治療を考えること自体が

間違いだったという声が海外でも高まりつつあります。

 

人間の首から腰まで、

普通は24個の背骨が縦に連なっています。

 

背骨の一番下の、逆三角形のような形をした骨が仙骨です。

 

立った姿勢では、

仙骨は腸骨にしっかりと挟まれ

背骨の重さを支えています。

 

腰痛になると、まっすぐ立つことがつらいし、

なんとか立って歩けたとしても膝が伸ばせないので

歩き方も前かがみになり、

無意識に腰をかばう姿勢を取ってしまいます。

 

 

腰痛の原因が仙腸関節?

手を握る、肩を挙げる、膝を曲げるなど、

脳からの指令を受けると、

関節は思い通りに動きます。

 

その中で仙腸関節は「動かない関節」と

信じられてきました。

 

「動かない関節」には機能障害が起こらない

だから腰痛の原因になるはずがない。

 

医学界の定説とされた、この考え方が大きな間違いだったのです。

 

仙腸関節は「動く関節」だったのです。

 

ただし、仙腸関節を直接動かす筋肉はありません。

 

椅子に座った状態で、

自分の人差し指(骨盤後ろ側)で仙腸関節を触知し、

左右の太ももを交互に前方へ突き出すように骨盤を動かすと、

仙腸関節が動いているのを感じられるはずです。

 

階段を上る動作でもわかります。

 

これに誰も気づかなかったのはMRIや解剖ではわからないから。

 

仙腸関節は意識して手でふれてみて初めてその動きがわかる関節だからです。

 

カイロプラクティックの矯正では、

この仙腸関節にアジャストメントと言って

瞬間的に圧をかけます。

 

ピンポイントで矯正することで

最小限の力で痛みのない矯正ができます。

 

この仙腸関節の動きをもとに戻してあげれば、

腰痛も改善します。

 

「椎間板ヘルニア」などと診断されて治らずに、

施術を受けに来た方は

仙腸関節の施術と椎間板のベッドで腰痛がよくなるのです。

 

椎間板ヘルニアなどと診断されて

腰痛に悩んでいる方には一度お試しください。

 

 

トップに戻る