アクセス ネット予約

腰痛 重くだるい腰の痛み | 整体 大阪 実績No1 千林カイロプラクティック院

期間限定お試しキャンペーン実施中

腰痛 重くだるい腰の痛み

腰が重く、だるい原因

 

力仕事をしたわけでもないのに腰が重く、だるいのは、なぜ?

年齢を重ねて歳をとると、これといって力仕事をしたわけでもないのに、腰が重だるくなったり痛くなることがあります。

 

若いうちは、体内のあらゆる組織に弾力があるので少々無理な動作も軽くこなせます。

 

しかし、歳をとるにつれて背骨と背骨簿つなぎ目である椎間板が消耗し、背骨を支えている腰やお腹の筋肉も弱くなるため腰に痛みが起こりやすくなります。

 

特に、お腹の筋力の低下から腰の筋肉により負担がかかりその結果、腰痛となって現れることが少なくありません。

 

また、足腰が冷えることによって血液の循環が悪くなり、筋肉の緊張も強くなっていることも多いものです。

 

そんな時はホットパックを作って温めたり職場では下着と上着の間にカイロを入れ、痛む場所を温めてください。

 

そのほかに、腰の筋肉を引き伸ばしたり、お腹の筋肉を強くするためにいくつかのセルフケアを紹介します。

 

 

 

朝、布団の中でできる腰痛セルフケア

 

①朝、目が覚めたら布団から起きる前に掛け布団をどけて、ゆっくり深呼吸をします。

 

②両膝を立てて『1、2、3、4』とゆっくり数えながら両足を片側へ倒します。

 

③『5、6、7、8』で足を元に戻し、今度は反対側に倒します。

 

④この動作を左右それぞれ5回ずつ行い、一呼吸してから起き上がれば朝に起こりやすいギックリ腰の予防にもなります。

 

 

仕事中にできる腰痛セルフケア

 

1時間半から2時間くらいデスクワークを続けたあとは、次の動作をしてみてください。

 

①上体を前に倒しても大丈夫なように、イスを机から離します。

 

②膝の上に手をつき、その手を支えにして少しずつ上体を前に倒していきます。

 

③胸が膝頭に着くぐらいになっても腰が強く痛みがないようであれば膝を抱え込んで腰を丸めます。

この動作によって仕事で緊張した腰の筋肉が伸び、血液の循環もよくなります。

 

 

電車の中でできる腰痛セルフケア

 

電車の中で座っている時にできる腰の痛み解消法です。

 

1日に電車の往復で2回行えば、お腹の筋肉の強化になります。

 

①上体をまっすぐにして『1、2、3、4』でゆっくりお腹の筋肉に力を入れ、お腹を凹ませます。

 

②お腹を凹ませたまま、『5、6、7、8』でお尻の筋肉に力を入れ肛門の筋肉を収縮させ、これを5回くらい繰り返します。

 

 

足腰を温める。朝目が覚めてそのまま布団の上で体操をすると、その日一日中腰が楽になりますので試してみてください。
 

千林カイロプラクティック院では

 

他の病院ではいつまでたっても治らなかった腰痛が、

「カイロプラクティックを受けたら、あっという間に痛みやしびれが軽減してきた」というお声をたくさんいただいています。

 

こんな評判が口コミで広がって、

大阪はもちろん、近畿圏から腰痛、しびれに悩む人が次々訪れ、

予約も空いていない日がでてきました。

 

千林カイロプラクティック院で施術に取り入れているのは、

「マッケンジーテクニック」という施術です。

 

 

椎間板 専門

 

 

「背中を丸める」という動作が椎間板に負担をかけずにできる特別なベッドを使用します。

 

 

なぜこのマッケンジーテクニックというもので改善できるのか

この特別なベッドで椎間板を屈伸運動を行い、

本来の姿に回復させていきます。

 

若い世代も含めて、「重度の腰痛」が治らないという

たくさんの人が訪れます。

 

 

背中を丸める動作は、ご紹介したセルフケアでも十分対応可能です。

 

 

しかし、座って行うセルフケアには限界があり、重度の症状である椎間板を痛めている人には不向きなのです。

 

専用のベッドと千林カイロプラクティック院で今まで多くの腰痛持ちを改善させてきた独自の技術は、椎間板に負担をかけずに屈伸運動を行い、根本から改善させていきます。

 

 

なので、自分で治す方法を試しても一向によくならない場合は千林カイロプラクティック院で施術をさせていただきます。

トップに戻る
電話をかける LINE予約はこちら